マジ!?

ちょっと信じられない記事を発見 こちら
連日報道されている、新潟県中越地震ですが、信じられない。

マスコミの取材は、最低限にするべきだと思う。
心身ともに疲労がピークになり、先のことも不安が募るばかりであろう被災者に対して、「まったくプライバシーがない状態でストレスがたまっている状態」云々・・・
それを聞くたび、自分たちもその原因のひとつになっているってわかってるの?と聞いてみたくなる。

ボランティアでさえ、やみくもに押しかけることで食料や配給品に不足が出ては本末転倒、と気持ちばかりを焦らせていたのに、あんなに大勢取材陣が押しかけて食事や宿泊先は大丈夫なんかいな?



と思っていたら、案の定 被災者のフリをして配給されていたパンを持っていったりというような不逞の輩がいたらしい。
市役所の前に取材陣の車が何台もスペースを占拠してしまっているので、救援物資を積んだトラックが近づけず人力で荷物を運ばなきゃならなくなった、とか。

車の中から助け出された男の子が搬送された病院で、追い立てるようにフラッシュをたき、病院の中まで追っていこうとして制止されている姿。
そうでなくても、救助作業中の様子をヘリで取材しようとして近づきすぎ、もっと離れるように指示されてたところもあるし・・・ 
地震関連のサイトの現地からの声を聞いてると、だんだんやりきれなくなってきます。

本当に知りたい細かな情報は少なく、同じような衝撃度の強い映像ばかりを繰繰り返し放送してる。

確かに、マスコミが注目するから援助物資が届くようになったり義援金が集まったり、といったこともあるから、一概にダメとは言えないけど、そうであるからこそ、慎重に責任ある行動をすることや被災者(地)への配慮を欠くようなことがあってはならないと思うのだけど。
被災者はもちろん、マスコミもボランティアも自治体も国も、一丸となって少しでも早く復興させて、普通の生活が送れるようにしていかないと・・・冬は、もうすぐそこなんだもの。
[PR]
by wakuwaku-mama | 2004-10-30 14:19 | 社会
<< 西部警察 改めてスタート >>