ボーイスカウト

仕事探しのために見せてもらってる地元新聞に、ボーイスカウトの「炊飯体験」の参加者募集の記事があったので、参加してきました。
大船渡にはボーイスカウトはあれどもガールスカウトはなく、最近では子供の数自体が少ないこともあって女の子も受け入れて一緒に活動しているらしいです。

が、今日はあいにくと他の行事などが重なったところが多かったらしく、参加者は数えるほど・・・
それでも、慣れない手つきで野菜の皮を剥いたり、炒めたり、作業をすすめていきました。
みんなで作ったカレーライスは上出来でした♪

途中、火起こし訓練もやりました。
なたを使って、火が燃えやすい様に割ったり削ったり、どうすればよく燃えるかを考えて木を積んだり・・・でも、慣れてないんだなあ、野外体験。
なたを持つ手が危なっかしい・・・・(^^;)

マッチ5本だけ使って、高さ30センチのところに張った紙テープを焼き切る事ができるか?

残念ながら、これは失敗。
隊長が、お手本を見せてくれました。

ここの団は、野外体験(訓練?)自体が少ないのかもしれません。
「ほら、前にやったことあっただろう?」と火のつけ方を問われた男の子が、
え~?いつ~?と聞き返したら「二年前」と返されて、内心ずっこけそうになってしまいました(ナイショ)
最近は・・・仕方ないのかなぁ。
それに、人数が少ないということもあったけど(その分、和気あいあいと強力しあっていたけど)
隊長が準備から段取り、すべてひとりでやっていて、手足となる人がいない・・・
う~ん。これは、今日だけのことだったのか、普段からなのか・・・ちょっと気になるところではあります。
それでも、うちの子供たちは楽しんでくれたようで、「スカウトになりたい」と言ってました(^^)

クラス替えのない小人数学校に通っているので、普段とはまったく違う環境、仲間と行動するのは、とてもいいことだな、と感じています。
広い視野を持って欲しい。
いろんなことに挑戦していってほしい。
えむながやる気なら、お母さんもめいっぱい応援するよ~。




 
[PR]
by wakuwaku-mama | 2006-03-26 22:05 | 育児・子供
<< ほんとにいいのか・・・ 郵便屋さん >>