子育て支援団体交流会

気仙地域の子育て支援団体の交流会に行ってきました。

年に1~2回、いろんな団体が集まってお互いの活動の仕方や問題点などを出しあって話をする機会があるんだけど、今まで「自己紹介」と「困っていること」の話ばかりで終わってしまう(顔合わせの時間しかない)のが、もったいないなあと思っていました。
今回はそこから一歩踏み込んで、ネットワーク化して連携を深めよう!という流れができてきたので、とてもよかったと思っています。
協力にサポートしてくれる大船渡保健所の保健師さんの力が甚大なんだけどね。
感謝してます♪





大船渡、高田、住田、改めて表にされたのをみると、こんなに支援グループや子育てサークルがあったっけ?とビックリでした。
それだけ認知度が低いってことなのかなあ・・・それとも、活動している日が少ないからそう思うのか・・・

フリー参加だったので、各団体の代表者だけでなくいろんな人の意見が聞けてとてもよかったと思います。
結局、決まったのは 気仙地域で共同のイベントを開催することと組織化に向けて準備会を持とう、ということでした。
子どもたちがいつでも、安心して遊べる、そこに行けば誰かがいる、拠点となる場所がほしい、というのが共通する希望かな。
この辺では、公園に行ってもだ~れもいないってことがよくあるから(ーー;)
身近に公園がない地域があったり、公園はあっても幼児が遊ぶのには適さない遊具ばかりだったり、街づくりの観点からも「ただ作ればいい」ということではいけない、ということでした。
バリアフリやユニバーサルデザインも言われてるしね。

具体的に、公園を点検して回るとか、児童館のよさをPRして積極的に働きかけるといった案もでました。
行政に要望するだけじゃなく、自分たちは「こんなことができる」ということを発信していくことも大事だよ、ってことです。

ただ組織化するといっても、はじめの勢いがなくなって尻すぼみになってはいけないので、これからも話し合いは重要です。
でも、実現させたいな!

パワーのある人たちが多いので、話を聞いてるとこちらも 「なにかやろう」っていう前向きな気持ちになれます。
仲間がいるって心強いですね。
[PR]
by wakuwaku-mama | 2005-07-17 09:10 | 育児・子供
<< ぎょえ~~!! 雨・・・ >>